日本のコミュニティ財団、全く新しいステージに移行しつつあると思っています。
これは、「すべてのコミュニティ財団が」という意味ではないんですが、明らかに
単なる資金仲介組織としてのコミュニティ財団の「枠」を超え始めている財団が
生まれてきている。

地域の金融機関を巻き込み、地域のお金の流れそのものを変えようとしはじめて
いる。

この流れを今後、日本でどうやって主流化させていくか。

その未来をビジョニングするイベントです。

―――――――――――――――――――――――――――
地域創生時代におけるコミュニティ財団の役割と可能性
〜地域を支える新しい資金の循環を目指して〜

2015年3月2日(月)19:00〜21:00
於:三菱UFJリサーチ&コンサルティング セミナー室

―――――――――――――――――――――――――――

地域の活性化、地方創生が言われている昨今、
地域の様々な取組みを支えるため、寄付等の資金を集め助成を
行う「市民コミュニティ財団」が果たす役割は大きいものと
考えます。そこで、コミュニティ財団の役割と可能性について、
先進事例である米国コミュニティ財団の知見の共有を通じて、
日本での取り組みの発展を目指します。


●開催概要――――――

2015年3月2日(月)19:00〜21:00(18:30開場)

【会場】
三菱UFJリサーチ&コンサルティング セミナー室
オランダヒルズ森タワー 24階(東京都港区虎ノ門5-11-2)

【アクセス】
東京メトロ日比谷線神谷町駅“崕亳
東京タワー方面へ徒歩3分
*高層階エレベーターでお越しください

参加費:無料(定員80人)※先着順


●申し込み――――――

以下のフォームよりお申込みください
http://goo.gl/forms/i7VQkVJhKp



●プログラム――――――

1.基調講演
タイトル「米国におけるコミュニティ財団の役割と運営基準」

Ms. Lara Kalwinski(ララ・カルウィンスキー氏)
Council on Foundations(全米財団評議会)
ナショナル・スタンダード 担当部長 兼 政策担当調査役

インディアナ大学・行政学修士/法学博士(MPA/JD)。
非営利組織と財団の経営に関する専門家。
非営利事業の赤字を改善・逆転する優れた手法をもつこと
で知られる。また、国際的な助成手順の監査を、米国の他、
ドイツ、メキシコ、インドで実施した経験があり、コンプア
ライアンス遵守を前提にした資金の受領手続の作成、地域
主導の資金助成プログラムのデザインを展開。非営利組織の
スタッフや理事会むけに、申請書の書き方、経営全般、
理事会のガバナンス、資金調達に関する研修も幅広く行う。
「明日のリーダーに対するインディアナ知事賞(the Indiana
Governor's Award for Tomorrow's Leaders)」の受賞者。


2.パネルディスカッション
タイトル「日本におけるコミュニティ財団の価値と可能性」

登壇者:

・Ms. Lara Kalwinski(ララ・カルウィンスキー氏)
 Council on Foundations(全米財団評議会)
 ナショナル・スタンダード 担当部長 兼 政策担当調査役

・勝山 英一郎氏
 公益財団法人 大阪コミュニティ財団 事務局長

・鵜尾 雅隆氏
 NPO法人 日本ファンドレイジング協会 代表理事

・深尾 昌峰氏
 一般社団法人 全国コミュニティ財団協会 会長
 公益財団法人 京都地域創造基金 理事長


●主催・協力・後援――――――

主催:一般社団法人 全国コミュニティ財団協会
共催:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
   ソーシャルエコノミー研究センター
後援:内閣府(申請中)/公益財団法人 公益法人協会/
   公益財団法人 助成財団センター

助成:公益財団法人 トヨタ財団


●事務局・お問い合わせ――――――

公益財団法人 地域創造基金さなぶり 担当:吉田・鈴木
〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町1-2-23 桜大町ビル303
TEL: 022-748-7283  FAX: 022-748-7284
Email: event@sanaburifund.org


●詳細――――――
http://www.CF-JAPAN.org


※申込時に受領する個人情報は、主催者である一般社団法人
全国コミュニティ財団協会(事務局:公益財団法人地域創造
基金さなぶり)にて受領し、 三菱UFJ リサーチ&コンサル
ティングは受領致しません。また、受領した個人情報は
本イベント以外では使用致しません。