さて、2011年のファンドレイジング。何が起こって何が変わったのか。2011年末現在の10大ニュースとは・・・?

1位 寄付税制の改正がついに実現

   なんといっても、税額控除50%、日本版プランドギビング信託など大きな変化が生まれました。10万
円寄付して、5万円近く還付される制度は、世界トップクラスです。

2位 震災寄付をした人が7-8割に達する

   各種調査でも、今回の震災では7-8割の人が寄付しているという数字がでています。日本の有史上、これだけの人が一斉に寄付したことは なかったのではないかと思います。孫さんの100億円寄付も圧  巻でした。

3位 タイガーマスク運動が全国的広がりに
   
   2011年は、タイガーマスク運動で幕をあけました。忘れてました?これも、凄い件数でした。ランドセル
を孤児院とか福祉施設に寄付する運動が広がりました。

4位 JustGivingが8億円突破へ

   設立してまだ2年にならないのに、8.2憶、4600人のチャレンジャーが生まれています。
   これって、既に年間300億円の寄付を仲介する本家の英国のJustGivingの創設時よりもハイスピー
ドな成長です。

5位 日本初の英文寄付白書「Giving Japan2010」創刊
  
   世界に発信する英文寄付白書、ついに創刊しました。日本初の英語版寄付白書です。
   http://jfra.jp/2011/05/31/gj_english/

6位 日本初のファンドレイジング行動基準発表
   
   ファンドレイジング日本2011で、日本で初めての「ファンドレイジングする側」の行動基準が採択され
ました。
    http://jfra.jp/2011/02/07/koudoukijun-2/

7位 あしなが育英会、世界ファンドレイジング大会ファイナリストへ
  
   前回の日本ファンドレイジング大賞受賞団体のあしなが育英会。
   世界ファンドレイジグ大会のファイナリストになりました。(大賞はとれませんでした。残念!)
   次こそ、世界一を目指して! 日本ファンドレイジング大賞の
   締切は12月31日です!http://jfra.jp/2011/11/02/3fr_taisho/

8位 認定ファンドレイザー資格制度・必修研修募集開始

   いよいよ来年2月に研修が開始し、来年6月から認定試験のはじまる「認定ファンドレイザー制度」。既に300名近いお申込みがあります。
  

9位 全国各地でファンドレイザー養成講座がはじまる
 
  今年は、「新しい公共」支援事業の関連もあり、全国で 「ファンドレイザー養成講座」が目白押しでした。隔世の感あるなあ。

10位 子どもの寄付教育、ひろがりはじめる

   日本ファンドレイジング協会の「寄付の教室」も32教室でモデル事業を展開し、フィランソロピー協会の「ペニーハーベスト」など、寄付教育のモデルが広がり始めているのも、2011の動きです。