いよいよ・・・この週末、ファンドレイジング日本2013です。

なんといっても、今回は約1000名の参加があり、過去最大の大会になります。

今から楽しみです。

初年度の2010が400、2011が500、2012が700ときて、今回の1000.

「ファンドレイジングって何?」のステージが明確にクリアしつつあるように思います。

認定ファンドレイザーも第一号の16人が誕生し、
そのお一人お一人の写真を見てると、新しい時代を切り開く先駆者としての温度感がありますねえ。 http://jfra.jp/cfr/cfr_list.html 既に必修研修を受けた方が800人を超え、准認定ファンドレイザーも250名くらいになっています。

2008年にJICAを辞めてファンドレックスを創業し、2009年には日本ファンドレイジング協会を立ち上げました。

そのあと、ファンドレックスでは日本初のドナーデータベースサービスの導入、発信力強化研修のニューモデルを構築することができ、

協会では日本初の寄付白書の発行、ファンドレイジング日本の成功、そして認定ファンドレイザー資格制度の発足ときました。

このチャレンジの「第一ステージ」が着実にクリアしつつあります。
いよいよ、2013年は第二ステージへのシフト。ギアあげていきます。

PS 2月ほど、ブログをお休みしていましたが、今日から再開です!