4月7日付の産経ニュースで、「ネット募金元年」と題した記事が出ていました

東日本大震災 広がる寄付サイト ネット募金“元年”

確かに、今回の震災ではネット募金が大変大きな規模になっています。
JustGivingが震災直後からの2週間で5億円もの寄付を仲介した(過去1年間の寄付額は3000万円)のが筆頭的な事例ですが、それ以外にもクリック募金などもかなりの広がりを見せています。

インターネットを通じた寄付って、一度やってみないと、よくわからないところがあったり、クレジット情報を入力しても大丈夫なのかなというのが気になったりします。

そうした中で、今回、非常に多くの人がネット寄付をされているというのは、たしかに「ネット募金」が日本でもついに本格的に動き始めたともいえるのかもしれませんね。