江戸といえば八百八町。

大阪といえば八百八橋といわれます。

実際には、江戸時代、200前後の橋が大阪の三郷にはあったようですが、大阪といえば、川と橋のイメージだったんですね。

そうした中で、この橋を誰が創ったのかというお話があります。

大阪城近くの12の橋は当時の徳川幕府が直接お金を出して建築した「公儀橋」といわれるものですが、それ以外は、有力商人や町がお金を出し合って作ったんですよね。

こうした橋を、当時は、[町橋」といっていたそうです。

こうした「町橋」がすごく多いのが、大阪の特徴です。