いよいよ、明日(29日)は第3回ファンドレジングセミナー「ソーシャルメディアで縁を広げる」。

ソーシャルメディアへの関心が広がる中、どうやって支援者拡大やファンドレイジングに活かすかという視点で、この分野では第一人者の久米さんに、国際協力NGOで実際にソーシャルメディアを活かして支援の輪を広げている鎌倉さんのコンビでお話をお伺いします。

今からとっても楽しみです。

(以下、ご案内)

ブログ、Twitter、SNSなどのソーシャルメディアは、団体の活動をメンバーひとり一人がわかりやすく伝えて共感の輪を広げる力を持っています。
さらに支援者が気軽に参加や対話できるコミュニティとしてNPOの現場で広く使われ始めています。
自らソーシャルメディアを企業や団体経営に活かしCANAPANのブログ大賞審査委員長も務める久米氏が、社会貢献の現場でのソーシャルメディアの可能性とリアルな支援者獲得の取り組みについて語ります。
また、実際にソーシャルメディアをフルに活用してファンドレイジングに取り組んでいる鎌倉氏が自らの事例を公開。
両氏のトークセッションでは、支援者との「縁」を広げるソーシャルメディアの活用法を考えます。

ホンキで社会を変えるチャレンジをしたい人、必見です。

■会場:日本財団ビル2階大会議室
■日時:2010年9月29日 18時半から20時半(開場18時)
■定員:150名(事前予約制)
■参加費:会員2000円 非会員4000円

※助成:日本財団 協力:アメリカ合衆国大使館

■スピーカー:
久米信行(特定非営利活動法人 CANPANセンター)

1963年東京墨田区生まれ。慶応義塾大学経済学部で中国専攻。
イマジニア、日興証券を経て、家業の国産Tシャツメーカー久米繊維工業三代目。
日経インターネットアワード、IT経営百選、東商勇気ある経営大賞受賞。
ライフワークは、個人・中小企業・NPO・地域をネット活用で元気にすること。
明治大学商学部講師。CANPANセンター理事。墨田区観光協会理事。東京商工会議所観光委員・墨田支部IT分科会長。
著書に『すぐやる!技術』『認められる!技術』『ブログ道』『ビジネスメール道』など


鎌倉幸子(社団法人シャンティ国際ボランティア会)

青森県弘前市生まれ。アメリカ合衆国ウエストヴァージニア州セーラムインターナショナル大学で青少年福祉学を学ぶ。
米国で大学職員を経験後、ヴァーモント州のSchool for International Trainingで異文化経営学の修士号取得。
1999年3月SVA入職。同年4月より、カンボジアに赴任し図書館事業を担当。2007年3月同会東京事務所海外事業課カンボジア担当。
2008年4月から国内事業課の課長として開発教育やチャリティイベントの開発・実践を行う。


■案内人:鵜尾雅隆(日本ファンドレジング協会常務理事)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
お申込みはこちらから!
https://pro.form-mailer.jp/fms/959bf7f610142
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


【本件お問合せ先】
特定非営利活動法人
日本ファンドレイジング協会事務局
info@jfra.jp
〒105-0004
東京都港区新橋4‐24-10 アソルティ新橋302号
電話:03-6809-2590 FAX:03-6809-2591