Walk用写真















小学校5年生の息子と、この夏、200キロウォークにチャレンジします!

愛知県で9月4日(土)、5日(日)開催される、市民とNPO、そしてミュージシャンなどが集い、交流し、「寄付投票」するイベント、「愛フェス」に参加する約30団体のNPOを応援するため、そして、5年生になる息子との一生の思い出となる夏にするため、親子で200キロウォークにチャレンジします。


8月下旬から東海道を親子2人で歩き、9月4日(土)、9月5日(日)には、愛フェスの企画でもある「愛ファザWalk(愛知県岡崎市から名古屋市の愛フェス会場までの50キロチャリティウォーク)」に参加し、最後の50キロを仕上げます。
(愛ファザWalk参加者募集中!(2日間、1日のみ参加可能。前泊可能なので、全国どこからでも参加できます! http://ifes.jp/walk

全部で200キロ、ちょっとどのくらいタイヘンなのか、想像つかないのですが、子どもも、10歳を超えて、次の大人のステージにステップアップするタイミングですし、一度、二人でじっくり話ながら歩きたいと思います。


そして、地域や社会を良くしようと頑張っているNPOのみなさんを応援する喜び、自分のチャレンジが人のためになるという体験を息子にさせてあげたいと思っています。

私たちのチャレンジは、毎日、このファンドレイジング道場(http://dojo.livedoor.biz)でもアップします。また、このチャレンジ自体をJustGivingにチャレンジ登録して応援を募っています。

http://justgiving.jp/c/569

「愛フェス」の趣旨である、「楽しむことが誰かのためになる」のコンセプトを大切、私たちのチャレンジを楽しんで応援してもらえれば嬉しいです。

私も、前の会社を辞めて、会社を創業し、日本社会を変えるチャレンジをはじめて、この7月で2年になります。

日本の寄付文化を変えていくチャレンジは、決して簡単ではないし、道のりも平たんではありません。

しかし、社会と、市民に、もっと共感の輪を広げたい!と真剣に願うNPOの存在と熱意なくして、いかなる制度改革もメカニズムも機能しないという想いは強くなる一方です。

愛フェスに出店するNPOって、場所代もかかるし、時間も手間もかかる中で、一生懸命、社会に共感の輪を広げようと頑張っています。

こういう団体がひとつでも多く増えることで、「NPOってなんだかよくわからない、あやしい」という空気が、いつしか「NPOって楽しそう!」に変わる。

そうした最前線で頑張るNPOを親子で応援して歩きたいと思います。

このウォークを応援してくれる皆さんは、オンラインで
http://justgiving.jp/c/569
から『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!

(寄付は、愛フェス参加全団体に配分させていただきます。)

寄付の目標金額は200キロ歩いて、20万円。1キロ1,000円です。
頑張って歩きたいと思います!