えーと、ファンドレイジング、全然カンケーないんすけど。

私の娘の瑞希(みずき)が、人生で初めての試験を受けたんです。こないだ8歳になったところなんですが、漢検(日本漢字能力検定)の10級というやつを受けました。

10級というのは、小学1年生の履修範囲の漢字をマスターする必要のあるテストなんですが、ちょうど小学1年生を終わったところだし、受けてみるかと5月に受けさしたんですね。

人生で初めての、こうしたちゃんとした(?)テストを受けたので、親心的には、結構、ドキドキしました。

この週末に、見事合格通知がやってきました!

まあ、娘の喜んだこと喜んだこと。やっぱり、賞状みたいなのってもらうと、嬉しいんだなあ・・・・

人間、いくつでも、どんなときでも、向上心があるし、期待されることで成長する。それって子どもの成長もNPOの成長も一緒だと思います。

ただ、NPO経営って、ともすると、こんな分かりやすいカタチで『褒められる』ということってないかもしれませんね。

やってもやっても『まだ足りない』と言われ続けるみたいな。

ときどき、誰かが思いっきりほめてあげるか、何か目に見えた達成感があると、モチベーションって湧きますよね。

そんなことを考えた娘の漢検合格でした。