いやあ・・・

忙しいっすね最近。

今日のちょとプチ感動です。

息子(小学校4年生)が、親子丼を最初から最後まで自分で作って、家族にふるまってくれました。

母親(妻)と結託して、私は、リビングに『軟禁』されて、何を作っているかは最後まで内緒にされていたんですが、「お父さん頑張って!」と言われて、好物の親子丼食べさせてくれて、いやあ、感激しました。

今、「いつもいいことが起きる人の習慣」という本を読んでいます。

地方出張があったので、駅の売店で買ったんですが、なかなか面白い。

ひとつの考えさせられたテーマが、「自分の人生の大切な部分に注ぐべきエネルギーをいかに無駄に消費しないか」ということです。

例えば、スティーブという実業家は、仕事にかまけて妻や子どもたちと過ごす時間が少ないことに後ろめたさを感じており、かといって家にいても仕事のことが気になり、気持ちが安らぐことがなかったというケースです。

ステーブの達した結論は、ものすごくシンプルで、「家族と一緒にいるときは、家族のことだけ、仕事をしているときは仕事のことだけを考える」という、あたりまえすぎることを徹底するということでした。

結果として、彼は仕事の決断と的確さが増し、仕事の効率がアップし、夫としても父親としても自信が出てきたというストーリーです。

えてして、私たちは、考えても仕方ないこと、今やっても費用対効果が悪いことに「気になるから手をつける」ということをしがちです。家に帰っても仕事を思い出す人は多いですよね。特に経営者の方にはそういう悩みを抱える方が多い。

こういう時間や頭の使い方って、確かにエネルギー効率の悪い使い方なのかもしれません。

そんなことを感じた一日でした。