日本ファンドレイジング協会の立ち上げも終わり、ホッとする間もなく、仙台でセミナー講師でお伺いしました。

金曜日は、すごい雪で、びっくりしました。仙台でも久しぶりらしいですね。

助成金の獲得についてセミナーで20名くらいの方にお話ししました。とても楽しい時間をすごさせていただきました。

夕方、せんだいみやぎNPOセンターにはじめて訪問しました。代表の加藤さんと、今のNPOセクター全体の課題や、日本ファンドレイジング協会の機能や役割などについていろいろと意見交換をしました。

早速、加藤さんも日本ファンドレイジング協会の会員になっていただけるということで、ありがたい限りです。

いやあ、でも、加藤さんって、ホントにすごい人だなあ。

以前から存じ上げていましたが、改めて話していて、とても素晴らしい人だなあと感じました。

なにより、「大局観」があるのがいいですね。

加藤さんとも力をあわせて、NPOセクターが全体として信用力や認知度が向上していく取組をすすめていきたいと思います。

加藤さんのところで盛り上がったのが、「ドネーションパーティー」の話でした。
1000円のチケットを600人くらいに買ってもらって、NPOが参加するパーティーを開き、チケットをNPOに投票してもらうパーティーを過去にやったそうですが、それが好評であったそうです。

今年の9月に愛知で「愛フェス」が開催されますが、こちらはこれの超大型版として日本で初めてのイベントになります。

やはり、「寄付する」というとなかんか乗りにくい人も、「チケットを買う」という行為なら乗れるというところってありますよね。

ドネーションパーティーでも、現場で販売するチケットも置いておいたら、当日の会場で何枚もまとめ買いして、NPOに投票する人もでたそうです。

いいきっかけが寄付行動を促進しますね。