10月2,3日と、大阪に出張できています。

大阪ボランティア協会さんの依頼で、2日間で5団体の会員獲得のためのパンフレットやHPの改善についてアドバイスするというプログラムで、各団体、2時間から3時間のなかで集中的に改善方策を検討しました。

会員制度は、日本のNPOにとってはとても重要な財源であると同時に、応援者に入ってもらいやすい「第一ステップ」としての効果もあります。また、市民活動として考えた場合、やはり多くの市民に支えられている活動であるということを示すうえでも、会員を集めるということには単なる費用対効果を超えた意味合いがあります。

各団体各様の課題があり、また潜在力がありましたが、折角の機会ですので、いい会員獲得につながるツールの作成についてアドバイスさせていただきました。

「なんか、やる気が出てきました。頑張ります」

というおっしゃりかたをしていただける方々もいて、こちらとしてもとてもやりがいのある時間を過ごさせていただきました。

それにしても、大阪のNPOスタッフの皆さん、元気な人が多いですね。

いろいろ悩みながら、行きつ戻りつしながらやっていくのはNPOの常ですが、その中に希望や明るさがあることが支援者や会員獲得のツールを越えた一つの要素だと思いました。

以前、お伺いした佐賀のあるNPOも、まったくボランティアの団体から数億円規模の団体に成長されていますが、それは、行政の支援ということもさることながら、支援者を引き付ける理事長の明るさというのもありました。

お話した5団体とも、所謂「大手NPO」というよりは「中小規模NPO」ですが、ひとつひとつの団体にオンリーワンのとてもいい潜在力や付加価値を見ることができました。

こうした潜在力を一緒に発見していくプロセスが、ファンドレイジングのアドバイスのひとつの醍醐味でもあります。

また大阪に行きたくなりました。