週末、飛騨高山にいっていました。雪がこんこんと降り注いでいて、久しぶりの飛騨高山だったんですが、今回は飛騨に拠点を置くあるNPOさんにお伺いして、中期計画策定について都合四時間ばかり講義とファシリテーションを通じて中期計画の内容の強化のお手伝いをさせていただきました。

個別のNPOでのお手伝いの内容を基本的にこちらでは書かないようにしていますので、詳細は申し上げられませんが、いやー、とっても「熱い」4時間でした。地域に根ざしてやる活動って、ホントいいですね。地域社会の一人ひとりのおじいさん、おばあさん、おじさん、おばさん、子どもたちの「顔」を感じながら、そこに達成感や感激にある活動って、本当にいいなあ。それでいて、「飛騨発で日本全体に影響を与えられるモデル」という端緒も感じられるところがなおいい。

中期計画づくりって、いろんな団体のお手伝いをしていて思うんですが、結果として中期計画ができることが大切なんじゃなくて、中期計画づくりのプロセスを通じて、自分たちの活動の素晴らしいところを再発見して、元気づけられるところが一番大切な気がするんですよね。

これって、アメリカで学んだStrategic Planningとはとっと重点感が違う気がします。あっちは、もっと「戦略性や競争性」みたいな合理的な議論がされていました。でも、やっぱり日本社会で計画を考えるときって、そうした合理的なもの以上に、チームでの一体感とか共感って大事ですよね。そうしたものが生まれてきて、「ああ、いい組織と仲間の中にいるなあ」と感じて前に進むためのエネルギーが沸いてくる。そうした状態を実現するために、目指すところを明らかにして、自分たちを再発見するというための中期計画があるんだと思います。

日本のNPOで中期計画をちゃんとつくっているところが少ないのは事実です。そうした状態に、「まだまだ日本のNPOは計画力も努力も足りない」という言い方をされる中間支援組織の方にもお会いしたことがあります。

でも、要は、NPOの皆さんにとって、「日本型NPO中期計画」のいいところがまだ共有されてないだけなんじゃないかという気がしてきました。あるいは、アメリカ型の合理的・戦略的中期計画をつくらないかんというのがピンとこなくて、そうでなくても日本型でいいという代替案を誰もきちんと示していないというような。

飛騨で感じたのは、「中期計画の議論を通じて、もっと社会も自分たちも幸せに、一体感を持とうとするNPOのスタッフの皆さん」の姿の素敵さでした。

今回、こうしたプロセスをファシリテートさせてもらえたことって、とってもうれしかったです。

雪の中の熱い議論。忘れられなくなりました。