今、応援させていただいている寄付キャンペーンに、CPサッカー日本代表応援プロジェクトというのがあります。

脳性まひの方の7人制サッカーの日本代表が北京パラリンピックの初出場を目指し、まずは今年ブラジルで開催される世界選手権に出場しようという、とても夢のあるプロジェクトです。

しかし、こうした障がい者スポーツって、競技や遠征費用というのは、ほとんど持ち出しとなるようで、今回の世界選手権出場も、1千万円ほどかかる費用を選手が集めないといけない状況にあります。

そうした中、彼らの世界へのチャレンジを応援するということで、今年の9月上旬から10月末までの期間で寄付キャンペーンに取り組んでいます。

一口一万円の寄付と、CPサッカー日本代表応援Tシャツ(5000円)の2つの販売でなんとか1千万を目指そうという取り組みです。

10月にはいって、プレスリリースなどの効果も出てきて、朝日や産経新聞などにも掲載記事が出てきました(→こちら

全く無名ですが、夢があるプロジェクトへの寄付。この短期間で成果を出す上では、Jリーグなどの選手の応援や新聞報道をいかに支援につなげるかが鍵です。

限られたスタッフで、皆さん、一生懸命取り組んでおられるこのプロジェクト、是非とも成功させてあげたいという気持ちになります。

しかし、それにつけてもこの「寄付キャンペーン」の持つ力ってすごいなと改めて感じます。

みなさん、ホームページを是非ごらんいただければと思いますが、Jリーガーや企業関係者のサポートがこのわずか1月ちょっとで続々と集めって来ています。目標金額の達成のできるできないに関わらず、いままで全く無名に近かった「CPサッカー」について、これだけ理解と支援の輪が広がっているという事実に驚かされます。

このプロセスを経て得たCPサッカーの競技団体としての経営資源(知名度、支援者の輪、企業とのコネクション、そして選手たちや家族の得た勇気や自信)は、今後も非常に大きなプラスの影響を活動に与えるだろうなということが見て取れますね。

皆さん、是非一度CPサッカーのHPをごらんになることをお勧めします。