寄附キャンペーンについては、日本でもいろいろな取り組みがあります。

その中でも、広島市民球場の改修費用を捻出するための寄附キャンペーンがありましたが、2005年までの1年間で、1億2千万円を集めて、見事目標額の1億円を集めきったという事例があります。

この寄附キャンペーンですが、特徴的なのが、
 屬燭詈膓癲廚箸いΑ⊂歡的な募金集め手法を前面に押し出し運動を広げたこと
地元メディアの大半が実行委員会に加わったこと

の2点があげられます。

実はこの「たる募金」ですが、かつて広島カープが1950年の設立当初、大変な財政難に陥いった際、市民が「たる募金」というのをはじめて、400万円程度を集めたということがあります。

今回の募金キャンペーンも、そうした伝統をうまくいかして取り組んでいるところが、地元社会の「古きよき伝統」感をかもしだすのに一役買っているところがあると思います。