経営学の大御所、ミンツバーグ氏が、いいことを言っていました。

「戦略を練るとき、ほとんどの人は論理と分析の能力に富む左脳を使う。その結果、理屈に合わない代替案を排除するので選択肢が少なくなる。戦略づくりには、もっと直感や創造性に強い右脳を動員する必要がある。」

これは、まさにそのとおりだなと感じます。

NPOにとって経営戦略を練る時、現状から合理的に完璧なロジックを組み立てて戦略を考えたとしても、ある意味、本当の「戦略的」な思考となっているとはいえません。

なるほどと感じさせる、さすがのミンツバーグの言葉です。