Food Bank

これ、なんだかわかります?  

久し振りに、サンフランシスコより投稿です。

数日前に家のロビーに突然現れたこのドラム缶なんですが、よーくみるとFood〜とかって書いてあります。見えます?
アメリカではこのような置物がカフェや教会、学校などで時々見かけることがあります。

実はこの赤いドラム缶はFoodBankが置いていったものなですね。FoodBankとは直訳して「食べ物銀行」とでも言いましょうか。アメリカの大きなNPOです。簡単に彼らの活動を要約すると、色々な食べ物を会社又は個人から寄付してもらって低賃金の人やホームレスの人、その人たちを支援している他の団体に「食べ物」を支給する団体です。

ドラム缶の中をこっそり見てみると・・・パンや缶詰、シリアル、クラッカーなどが入ってるようでした。

私も以前FoodBankでふら〜とボランティアをした事があるんですが、FoodBankはその名に相応しく、巨大な倉庫の中にあらゆる食べ物が陳列されていて、買い物客がいない大型スーパーのような感じでした。

その時は30人くらい私と同じようにふら〜と集まったきたボランティの人達と一緒に、ハム系の肉を秤で同じ分量に分け、小さい袋に入れるお手伝いをしました。簡単な作業なので誰でも気軽にできます。その袋詰めにされた肉はその後「低賃金の人たちの所へ配る」と言っていました。お金持ちリストの存在は知っていましが、その逆のリストもあるんだなー。などと関心したのを覚えています。
その後は皆でピザとビールで会食を楽しみました。

金銭の寄付はちょと・・・という人でも、モノやタレント、時間の寄付ならOKという人がいるかもしれませんね。