説得技術と心理学の5日目です。

 峪劼匹發燭舛両亟蕕鮗蕕襪燭瓩吠膓發靴討ださい」
◆峪劼匹發燭舛飢えに苦しんでいます」


このどちらの問いかけが効果があるでしょうか。

心理学の実験によると、「気分の良い人」は、比較的,量笋いけのときに寄付を行い、「気分の落ち込んでいる人」は△量笋いけのときに寄付を行うようです。

こうした現象を「気分一致効果」といいます。相手の気分にあったメッセージが非常に効果的であるということです。この理論、ファンドレイジングでは色々と応用可能です。事業に成功している人に対して寄付をお願いするなら、「成功」のイメージで語ることが効果的ですし、学生を対象なら、「仲間意識」的なメッセージが有効かもしれません。

「相手の心理状態を想像してアプローチする」ことの重要性を感じます。