さて、助成金獲得続編です。これで連続5日目ですので、2月28日からの過去ログもご参照ください。

助成金をゲットするためのやるべきこと&やっちゃいけないこと、ちょっとまとまりがないかもしれませんが、順不同でいきます。まず、今日は「やるべきこと」

やるべきこと

.廛蹈檗璽競襪髻嵜祐崚」にする
 えーと、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、事業の受益者について、描写するときに、数字であげて、何人を助けるとか、どの規模のサービスを提供するという説明も重要ですが、もっと大切なのは、受益者そのものを人間として描写することだと思います。人間の心理として考えると、外部の刺激に対して、人間の脳は論理的思考の部分が活動する以前に、感情を司る部分が活動するといわれています。用語も、機械的な言葉よりは情熱を感じる言葉を交えるのがポイントです。

⊆分の団体を説明する部分では、オンリーワンを強調する
 アメリカで、助成を行っているNPOで働いていたとき、数多くのNPOからの助成金申請を見ましたが、非常に多くのNPOが「We are the only one organization that ---」というような表現を使っていました。このアピールの仕方は、助成金を審査する側にとって、その団体の活動に興味をいだかせるきっかけになることは事実ですね。「いや、ウチの活動は、他にもやってるところあるよ。そんな、オンリーワンなんていえない。」という声も聞こえそうですが、本当にそうでしょうか。活動がユニークでなくても、例えば地域で唯一とか、サービス提供の仕方でちょっと工夫しているとか、何かないでしょうか。一度活動や組織を棚卸して、もし、そうしたユニークさがあれば、そうした点を是非強調することをオススメします。

F匹濕蠅法◆峇望」を感じさせる 
これも、人間心理として、「マイナスをゼロに戻す」という発想より、「少しでもプラスになる」という表現の方が希望を感じるものです。NPOのプロポーザルの中には、活動の受益者の困難な状況や、活動の意義は一生懸命記述してありますが、その事業を通じて見えて来る「希望」の描写がおざなりとなっているものがあり、そうしたものでは、読後感の印象が変わってきます。

Output とOutcomeの違いを理解する
 事業評価などを勉強された方はご存知かと思いますが、Outputというのは、Inputい対して生じる直接的な変化です。例えば100万円投入してある研修を行ったら、50人の職員に対して、ロジカルシンキングのトレーニングができたというようなのがOutputです。Outcomeは、そのトレーニングで50人がロジカルシンキングのスキルを身につけた結果、業務マネジメントにどのような変化が起こったかのことをいいます。プロポーザルで表現し忘れないようにするのも、このOutcomeの部分です。

コ萄眞弔覆匹、どれだけ間接コストを許容するかをチェックすること
 事業には、人件費や管理経費など、間接コストが必ずかかります。しかし、注意が必要なのは、各助成機関によってそうしたものの許容範囲が違います。そうした許容範囲は必ず確認したうえでプロポーザルの予算を作成しないと、いくら良い活動でも審査を通ることはできません。

Δ修譴任癲∨一審査を通らなくても、フォローアップする
 審査を残念ながら通らないこともあります。いくら完璧なプロポーザルを書いても、競合相手もあるし、その助成機関の好みもありますから、いつもうまくいくわけではありません。でも、プロポーザルが落ちたら、やるべきことが3つあります。

第一に、サンキューレターを出すこと。審査してもらったことへの感謝と引き続きよろしくお願いしますという趣旨の手紙を出しましょう。そうしたことのきちっとできるNPOは、ステークフォルダーを大切にしているNPOという印象をもたれます。

第二に、他の助成機関への申請に振り替えましょう。出来れば、最初のプロポーザルの作成段階から、3つ程度の助成機関を想定しておき、それぞれの様式にうまく流用できるような作成をしておくと良いですね。折角作ったプロポーザルですから、他の団体に持っていきましょう。

第三に、もう一度情報を収集し、第三者のアドバイスももらって、もう一回同じ助成機関にもトライしてみましょう。中には、落選の理由を教えてくれるところもあります。一回や二回であきらめてはいけません。必ずいつかは助成は獲れます。

えーと、ちょっと思いつくままですが、今日はこのくらいで。

次は、「やってはいけないこと」を少し考察してみます。