ファンドレイジング道場

民間非営利組織(NPO)や社会起業家のファンドレイジング(資金調達)についての考え方、アイデア、事例などを発信しています!

日本代表、世界ランク5位のベルギーに勝ち切りましたねえ。

サッカー好きの私としては、朝から超元気になりました。

個人的には、あるシーンがものすごく印象に残りました。

それは、日本代表のパラダイムを変える、ゴール後の10秒。

ファンドレイジングにも通じる、「パラダイム」の大切さ、とは・・・?



==========■ 今日の道場 ■===============

1 柿谷選手にみる、日本代表のパラダイム
2 ファンドレイジング日本2014、というチャレンジ
3 企業の社会貢献としてのSalesforce

==================================

☆★☆ 1 柿谷選手にみる、日本代表のパラダイム ☆★☆

嬉しいですねえ。ついに欧州遠征、オランダ戦の惜しい引き分けを経て、
世界が注目する世界5位(日本は44位)のベルギーに相手に、
ベルギーホームの5万の観衆の逆風の中、勝ち切りましたねえ。

試合自体、ミスから失点する嫌な流れを、柿谷のゴールで追いついた前半。
その後の本田、岡崎の素晴らしい流れからの得点、そして最後まで集中力を
切らさずに、守り切った試合展開。

終止、「勝ち切る」という気合を感じるゲームでした。

その一番の象徴的シーンだなと感じたのが、1点目の柿谷選手の同点ゴール。

前の試合のオランダ戦で勝利への決定的チャンスにゴールを右にはずしてしまった
柿谷。

見事なヘディングで前半同点ゴールを決めた後。

ニコリともせず、いつものうつむき加減な姿勢で。
すぐにゴールのボールを拾い、「さあ、次!」とセンターサークルに走る姿。
時間にして10秒ほどのシーン。

嫌な展開での同点ゴール、喜びを爆発させることだってできた。

親善試合で、勝ち点があるわけじゃない。

しかも相手は、格上。次回W杯でシード国にもえらばれ、台風の目といわれる
世界ラング5位の世界の注目するベルギー。

でも、「勝つ」。同点なんかじゃ喜んでられない。
相手のベルギーの選手も、「こいつら、絶対勝つ気だ」と感じたと思います。

試合全般を通じて、欧州の強豪国に「勝つ」というパラダイムに支配されている
日本代表を初めて見れたように思います。

この数年、本田選手は、このチームに、前に進む勇気を与えてきました。
そして、長友選手がどんな一流選手にも一対一では負けないという意気込みを
見せ続けてくれました。

その中で、イタリアに2点リードしながら、逆転されて追いつきながら、
最後に負けたコンフェデ杯。

何度も勝ち切るチャンスがありながら引き分けに終わったオランダ戦。

そして、飢えたチームは、世界の強豪に「勝つ」というパラダイムが、ついに生まれた。
それをチームのパラダイムとして可視化したのが、この柿谷選手のゴール後の10秒
だったような気がしました。

「パラダイム・シフト」

「自分たちは、勝ち切ることができる」というパラダイムを確信として、信念として
持つことができるか。

それが、ビックゲームを制する、言い換えれば社会に変化を生み出せるNPOに
なれるか、なれないかの最初の大切なハードルなんだと思います。

でも、そのハードルを越えるのは、本田選手の信念だけでは難しいように、
「そう思う」ことが第一歩でありながら、それだけでは実現できない。

チームとして、仲間と一緒に、ひとつひとつ小さな勝ちに真剣にチャレンジして、
失敗にも恐れずチャレンジして、倒れても立ち上って、前に、前に、進んでいる
人たちが、チームとして「飢え」を共有できたときに、たどりつける
そんな パラダイムなんだと思います。

サッカーファンを続けて20年くらいになりますが、ついに、日本代表が新しい
パラダイムを得るきっかけになったと、後世振り返ることになりそうな、
そんな、柿谷選手のゴールのあとの10秒でした。

まず、自分たちの可能性を信じる。自分たちが勝ち切ることを信じる。

そして、仲間とともに、それが組織の「パラダイム」になる瞬間を目指して、
ひとつひとつ、積み重ねていきましょう。



==========■ Coffee Break ■==============

パラダイムの転換は、逆境の中で起こる

By スティーブン・R・コビー

困難な状況に遭遇した時、パラダイム転換が起こることが多い。
困難に直面した人は、従来とまったく違った見地から世界、自分自身、周りの人、
自分に要求されている事柄を見るようになる。
そうした状況においても主体的な人の態度は、自分自身の価値観を映し出すものであり、
まわりの人々の精神を高揚させ、彼らに勇気と希望を与える。

==================================


☆★☆ 2 ファンドレイジング日本2014、というチャレンジ ☆★☆

忘れもしません。

ファンドレイジングが広がり、チャレンジする人が増え、成功していくために、
何よりも大切なことって、「新しい制度」でも「こうすべきだっていう説教」でも
なくって、「ワクワクして新しいチャレンジをやらずにおれなくなる」っていう場
なんじゃないかって。

ずっとそう思っていて、そういう場を創りたくて、まったくゼロから
ファンドレイジング日本2010(2010年2月)をみんなで企画して、
400人の定員で、募集を開始したのが2009年の10月。
その時、考える限り、全ての力を注いで、世界標準の最高の企画と登壇者を
揃えたつもりで、はじめました。

そして3ケ月近くたって、12月24日のクリスマス・イブになっても、
何と参加申込みわずか80人。

参加申し込みの締め切りは1月15日。あとわずか3週間。

これは、やはり早すぎたのか。やっぱり無料とか格安で採算割れになる企画にしないと
このセクターでは難しいのか。

しかし、そこから、神様もちょっと粋な計らいをしてくれました。

24日から、突然、毎日20人、30人と申込みが続くんです。
本当に鳥肌がたった。1月7日には一気に定員400人一杯になって、1週間早く
締め切ることになっていました。

そこから4年。ファンドレイジング日本は、登壇者と、ボランティアと、参加者と
司会で協力いただく方と、協賛企業・団体と、講演団体と、PRパートナーのみなさんと、
皆さんの力で、毎年、一歩一歩、成長させていただきました。

今回のFRJ2014(来年の2月1,2日。締切1月10日)。

10月から申込みを開始して、11月18日(月)で早割が終了しました。

参加登録者数。

既に720人越えです。

最終締切は1月10日ですが、全ての皆様に、この場を借りて心から御礼申し上げます。

昨日、講師のみなさんにお集まりいただき、講師会を開催しました。
ものすごい講師陣です。意欲も、元気も、実績も、社会を変える意欲も。

講師会の様子は⇒
http://blog.canpan.info/jfra/archive/1055 (講師の決意表明が見れます!)


☆★☆ 3 企業の社会貢献としてのSalesforce  ☆★☆

企業の人向けのセミナーですが、NPO等の方やプロボノ志向の方にもお薦めです。
Salesforceって、具体的なNPO支援ツールとして、結構活かせます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ Salesforce 社会貢献・成功事例紹介セミナー
┃ 〜社員が育ち、組織が変わる!
┃   明日からできる社会貢献活動プログラム〜

┃主 催:特定非営利活動法人NPOサポートセンター
┃協 力:セールスフォースドットコム・ファンデーション
┃    株式会社ファンドレックス

┃お申込:https://ssl.form-mailer.jp/fms/d825863f272106
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本業を活かした社会貢献で、社員を、会社を元気にしたい!
そんな企業の皆様に、社員が育ち組織が変わる、
非常に有益な社会貢献活動の実践事例をお届けします。
今話題のゲストお二人に登壇いただき、成功の秘訣を聞ける貴重な機会です。
特にITサービスやテクノロジーに関する社会貢献、NPOの支援、人材育成
などに興味がある方は必見です。

第1回のゲストは、新興国「留職」プログラムで話題の
NPO法人クロスフィールズ代表理事 小沼大地氏、
第2回はSalesforce Partner Award 2013受賞の
トライコーン株式会社代表取締役 花戸俊介氏が登壇します。

…自社で社会貢献に取り組むには?…
 本業や強みを活かした社会貢献をとは?
 自社らしい社会貢献活動を実施するには?
 社会貢献といっても、何をやってよいか迷ってしまう?
 誰に聞いたらよいのだろう?

…社員が社会貢献やボランティアを実施したら!…
 社員が元気になり、リーダーシップが育成された!
 自社ブランドやPRができ、販路開拓につながった!
 新たなビジネスチャンスの発掘になった!など

各回とも基調講演+事例紹介+パネルディスカッションを予定しています。
事例紹介では社会貢献を通じて会社の本業売上へ貢献した事例や、
多くの刺激を受けたNPO等の非営利団体の現場の声が直接聞けるチャンスです。

ご参加お待ちしています。


▼第1回 セミナー概要………………………………………………………

■日 時:2013年11月28日(木)10:00-12:00 (受付9時30分より)

■基調講演:社会貢献活動で社員が育ち、組織が変わるその理由とは
       -- 日本企業が相次いで導入する「留職」プログラムの現場から --
       特定非営利活動法人クロスフィールズ 代表理事  小沼大地

■事例発表:企業によるsalesforceを活用したNPO支援事例のご紹介
   事例1:株式会社 日立ソリューションズ 中村祥子 氏
   事例2:株式会社セールスフォース・ドットコム 遠藤理恵 氏、三宅立晃 氏

■パネルディスカッション:小沼氏、事例発表者によるパネルディスカッション

■会 場:株式会社セールスフォース・ドットコム
 東京都千代田区丸の内2−7−2 JPタワー12階
      ・JR「東京」駅 徒歩約 1 分
      ・丸の内線東京駅 地下道より直結 /千代田線二重橋前駅 徒歩約 2 分
      ≪地図≫ http://www.salesforce.com/jp/company/direction.jsp

■申込み(無料)  https://ssl.form-mailer.jp/fms/d825863f272106


▼第2回 セミナー概要………………………………………………………

■日 時:2013年12月19日(木)10:00-12:00 (受付9時30分より)

■基調講演:『会社がもっと元気になる社会貢献活動プログラム』
      トライコーン株式会社 代表取締役 花戸 俊介
     (Salesforce Partner Award 2013受賞)

■事例発表:salesforceを活用したNPO支援事例のご紹介

■パネルディスカッション:花戸氏、事例発表者によるパネルディスカッション

■会 場:NPOサポートセンター 市ヶ谷研修所
     東京都新宿区市谷田町2-7-15 近代科学社ビル
      ・JR「市ヶ谷」駅 徒歩7分
      ・東京メトロ南北線 / 有楽町線「市ヶ谷駅」5番出口 徒歩3分
      ≪地図≫ http://g.co/maps/cfxm3

各回とも
■定 員:20人(先着順)
■対 象:社会貢献や人材育成に関心のある企業の関係者
     支援を受けたいNPO法人などの非営利組織の関係者
      ※特にITサービスやテクノロジーに関する支援に興味をお持ちの方

■お申込みフォーム: https://ssl.form-mailer.jp/fms/d825863f272106

こないだ出した、メルマガです。好評だったので、ブログでも載せますね〜

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■■□■□■
ファンドレイザーを元気にするマガジン

ファンドレイジング道場〜黒帯への道  2013/11/13

※転送歓迎

■□■□■□□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■


先日、鴨川でマッサージをお願いしたら、目の見えないマッサージ師の女性
「みやこさん」に出会いました。

彼女の言葉でとっても印象に残ったのは

「他人と過去は変えられなくても、自分と未来を変えることはできる」

彼女は、35歳でその心持ちに至り、今では周りの人たちにとても大切にされて
幸せだとおっしゃっていました。

「自分と未来を変える」

そのための、ファンドレイジングです・・・!?


==========■ 今日の道場 ■===============

1 CSVとチームビルディングマーケティング
2 早割締切(18日)ファンドレイジング日本2014

==================================

☆★☆ 1 CSVとチームビルディングマーケティング ☆★☆

昨日、楽天大学学長の仲山さんにファンドレイジング研究会でお話しして
たいだいていて感じた事があります。

http://jfra.jp/frj/2014/session/228 (仲山さんのお写真)

今、CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)から
CSV(Creating Shared Value:価値共創)の時代へという言われ方をされます。

CSVって、企業が社会貢献をするだけではなくて、NPOや顧客と一緒に
社会に価値あるものを創りだしていこうという概念なのですが、
正直いって、企業向け、NPO向けにこの話をしても、ちょっとピンとこない
という人もたくさんいます。

仲山さんは、オンラインショップ楽天市場で、「プロジェクトコマース」
という、お客様に様々な体験をしていただいたり、一緒に製品をつくって
もらったり、一緒に夢を実現するという形での販売モデルを広めています。

楽天が社員25人のころから4万店の出店社を指導してきた、この業界の
まさに第一人者が、その中で行きついたところが、

「チームビルディングマーケティング」という概念。

企業(売り手)が、顧客や、ライバル企業や、業界を超えた人たちが
同じ「目指すべきもの」のために一緒にわくわくしながら販売するという
モデル。

例えばこれ、マイクロソフトは業界を組織したといわれますが、
アップルは顧客を組織化(チーム化)したといわれるように、
世界もそうした潮流なんだと思います。

日本でも、広島の木工所が、地域の森林保護NPOと連携して、
親子で、森林での木の伐採から、勉強机を親子で創るところまでを
体験し、それを購入するプログラムをやったら、田舎の木工所が大人気になった
という話もあります。

このチームビルディングマーケティングを成功させる要因って、

顧客が
・「自分ごと化」する仕組みがあか
・「未知との遭遇」を経験できるか
・成長と学びがあるか


の3要素だそうです。その3要素を単体の企業では実現できなくても、
NPOと連携して、「未知との遭遇」(森での伐採から環境教育まで)
はNPOが用意して、「自分ごと化」(親子で机を創る)は
企業が担うとかいったコラボが可能になります。

一緒に顧客がワクワクする体験を提供する。

現場知があるNPOがそうした機会を創ることで、普及啓発も進み、
支援者も増える。企業も顧客が満足して、価格競争以外の新しい価値を提案できる。

そうだなあ。

共創価値(CSV)といってもピンとこなくても、この3要素のチームビルディング
マーケティングなら、顧客の笑顔がみえる。

そんな気がしました。



==========■ Coffee Break ■==============

私たちにとって障害は制限(Limit)である。
でも、その障害に人生の幸せの実現を制限させる(Limit)かどうか、
つまり名詞のLimitに動詞の役割を果たさせるかどうかは、
本人と家族の決意(Determination)による。


By アメリカのダウン症の女性で、ドーバー海峡を泳いで渡り、自ら
カレン財団を発足させた、「全米でもっとも影響力のあるダウン症の女性」
カレン・ガフニー

==================================


☆★☆ 2 いよいよ早割締切(11月18日)!ファンドレイジング日本2014 ☆★☆

冒頭の楽天大学の仲山学長はじめ、海外、国内の成功事例、先端事例が集まる
ファンドレイジング日本2014(2月1,2日)、いよいよ5,000円おトクな早割締切が
あと6日です。

今回、例えば・・・・

2013年、アメリカで、ファンドレイザーが投票で選ぶ
「最もインスパイアリングなファンドレイジング・スピーカー」でNo.1の評価を得た
コンサルタント バーナード・ロス

2億5千万人の携帯電話の寄付プラットフォームを創業し、過去5年間で最も大きな
ファンドレイジング・イノベーションといわれている
Mobile Giving Foundation ジム・マニス

ディズニー流感動マネジメント、おもちゃ博物館、ソーシャルインパクト評価、
テラルネッサンスやサムライ学園など過去の大人気セッションのそろい踏み

フローレンスの駒崎さん、ワンコイン健診のケアプロの川添さんや
ベンチャーフィランソロピーの新しいトレンドなどのソーシャルビジネス、
ファイナンス系

ワールドビジョン、ユネスコ、Save the Childrenなどの国際系や
数億円の補助金カットを1年で数億の寄付集めで乗り切った神奈川フィル、
ファンドレイジングボランティアマネジメントや遺贈寄付など

これぞというセッション、目白押しです。

プレデイとして、ニーズにあわせた1月31日の企画4連発!

★准認定ファンドレイザー必修研修(2日間の大会に参加すると9ポイントがつきます
ので、この研修と併せると一気に受検資格が獲得できます!)

★ファンドレイジング入門(新規企画・大会参加者は無料)
  90分でファンドレイジングの基本を学べます。大会の価値が1.5倍分かります。

★ファーストカマー交流会(新規企画・大会参加者無料)
  初めて参加する人、大会の楽しみ方を知り、始まる前に「初参加者」どうしで
  交流しましょう!

★マスタークラス(新規企画・有料・認定・准認定ファンドレイザーのみ)
  資格保持者のためのスキルアップ、経験シェア、キャリア形成サポートの
  ためのセッションです。

みなさんと、皆さんの団体にとって、何かブレイクスルーのきっかけを
見つけていただける場になるよう、精一杯頑張りたいと思います。


【ファンドレイジング日本2014】

●2014年2月1日(土)・2月2日(日)FRJ2014
●2014年1月31日(金)准認定ファンドレイザー必修研修等

【締切】
●早割申込支払締切2013年11月18日(月)
●最終申込支払締切2014年1月10日(金)

●会員 : 17,000円  ⇒早割特価 : 12,000円
●一般 : 25,000円  ⇒早割特価 : 20,000円
 懇親会(2月1日): 5,000円 ※希望者先着順

※プレイベント(1月31日)
・准認定ファンドレイザー必修研修
 会員 : 10,000円  一般 : 15,000円
・マスタークラス(認定・准認定有資格者のみ)
 参加費: 5,000円

お申込み、詳細は http://jfra/jp/frj


一緒に、未来を変えましょう。

ファンドレイジング日本2014(2月1日、2日)ですが、おかげさまで例年以上に順調なお申込み状況です。昨年1,000人集まったときのスピードよりも速いペースでお申込みがあります。

さて、早割の締切があと10日です。(11月18日)
早割かそうでないかでは、5000円違いますので、お越しのご予定のかたは、早割ご利用ください!。

来年2月1日、2日のファンドレイジング日本2014は、前回にない、さらに超魅力的な新規の取り組みがあります。

★前日に、「ファンドレイザー入門」っていう、90分でファンドレイジングの全体像を紹介する無料セッションを加えました。
 これがあることで、大会を見る視点が結構かわります。

★世界でファンドレイジングのイノベーションを垣間見る日本初の企画として、
  ・過去5年の世界最大のイノベーション、2.5億人が参加する携帯(モバイル)寄付のプラットフォームを創設したジムマニス初登壇
  ・2013年、米国ファンドレイザーが選ぶ、「最もインスパイアされるファンドレイジング・スピーカー」でNo.1に選ばれたバーナードロス日本初登壇

★NPOと企業の境目にチャレンジする初めての企画として、
  ・参加型・体験型オンライン販売「プロジェクトコマース」でECショップで大注目されている楽天大学学長、仲山さんの初登壇
  ・感動体験を売るツアーで有名な「地球探検隊」隊長の中村さんの初登壇
  ・芸能人などのファンクラブマネジメントの専門家、株式会社ROSES代表の中村さんの初登壇

★ソーシャルビジネス・ソーシャルファイナンスの初企画として
  ・ワンコイン健診の「ケアプロ」代表の川添さんの初登壇
  ・「社会を変えるお金の使い方」でも有名な病児保育のフォローレンス代表の駒崎さんの初登壇

や、行政の突然の数億円の補助金カットから寄付で立ち直った神奈川フィルハーモニーのケースなど、魅力の新規企画目白押しです。

また、これまでの大人気セッションであったディズニー流感動サービス、ソーシャルインパクト評価や大手国際協力NGOのファンドレイジング、遺贈寄付、100万円からのファンドレイジングなどなど、楽しみな60セッションをご用意しました。

1年に一度、最高の先端事例や気づきをご提供する。そこに参加していただく方の熱気が、日本の未来を変えていく。
そういう場をみなさんとともに創っていきたいと思います。
  
早割締切が、あと10日です。
=====================
2月1日、2日 ファンドレイジング日本2014

早割締切 11月18日(月) → http://jfra.jp/frj
=====================

國の無駄遣いについての記事が出てました。

会計検査院は7日、国の平成24年度の決算検査報告書をまとめ、安倍晋三首相に提出した。税金の無駄遣いなど不適切な会計処理の指摘は630件、約4907億円で、21年度(約1兆7904億円)、23年度(約5296億円)に次ぎ過去3番目の高額だった。

 実質的に2年目となる東日本大震災からの復興関連事業の検査に本腰を入れ、国民生活の安全確保など防災全般の予算執行を多角的に調査した。初めて検査対象となった東京電力に対しては、来年度以降も継続して損害賠償の進捗(しんちょく)状況などを精査する。

 1件当たりで高額だったのは、700億円が貸し付けられたが十分な財産を保有しているとして「不用」と判断された中小企業庁の信用保証協会に対する補助金。省庁別の指摘金額では、経済産業省が最も高額で約1153億3800万円。続いて防衛省が約1041億9千万円、法務省が約809億6500万円だった。件数では、厚生労働省の279件が全体の4割強を占めた。

 法令違反に当たる不当事項は470件、約543億7900万円(前年度357件、約191億3300万円)だった。(MSN)

うーん。いつも思うんですけど、5000億円って大きなお金じゃないですか。でも、考えてほしいんですが、これって、すっごい一部分しか検査してないんですよね。決して全て検査するんじゃなくって、例えば500件プロジェクトを抱えている部署があったとしたら、その中で5つくらいピックアップして深く検査して問題として公表してるんです。

もちろん、あやしそうなやつを狙ったりはするということはあっても、でも、100分の1もチェックしない。
それで、これだけ指摘されるということなんです。

もちろん、私も昔、行政機関にいたときは、どう合理的な事情を説明しても不適切といわれたり、あるいは、検査官も、「やむを得ない事情なので、問題とまでいえないが、今後改善するための努力を続けてほしい」という類の指摘でも、新聞の見出しでは「無駄発見!」みたいになったりすることもありますが、なにより、そもそも、半端なくそうした類の非効率支出はあります。

しかも、もっと根深いのは、会計検査的には「適切」なんだけれども、ものすごい「無駄」な支出も隠れているということなんです。

それは、天下り先への委託やあわててつくった基金なんかで良く生じます。

これだけ財政赤字になっても、予算獲得は官僚のみなさんにとっては最高の美徳である以上、会計検査院がいくらやっても、本質的な財政構造の改革にはつながらない。

やはり、社会サービスに「競合関係」を持ち込むことしかないと思っています。

社会のお金の流れを変える。税金以外のキャッシュフローをつくる。それによって、行政サイドの目に見えないコストをかける余裕をなくさせる。

今日出したメルマガですが、ご好評だったので、ブログにも掲載してみます。
(ご登録はhttp://www.fundrex.co.jp/info/magazine.html
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■■□■□■
ファンドレイザーを元気にするマガジン

ファンドレイジング道場〜黒帯への道  2013/10/22

※転送歓迎

■□■□■□□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■



いやあ、秋と言えば、「食欲の秋」。ちょっと体重増えてるんですよね。

ちょっと飽食気味の私が言うのもナンですが、

今日のテーマは、「飢え」とファンドレイジングです・・・!?


==========■ 今日の道場 ■===============

1 「飢え」x2はOK、「飢え」x3はダメ
2 ファンドレイジング大賞、チャレンジしてみません?(他薦可)
2 東京にいるあなたに贈るファンドレイジング
3 神奈川にいるあなたに寄り添うファンドレイジング
4 北海道にいるあなたに届けるファンドレイジング
5 関西にいるあなたに体感していただく、熱い授業


==================================

☆★☆ 1 「飢え」x2はOK、「飢え」x3はダメ ☆★☆

藤沢久美さん(ソフィアバンク代表)のTED TOKYOのプレゼンがいいですねえ。
http://www.youtube.com/watch?v=Xmq2xpA-Uy8

「ハングリーさの新しい定義」

今の時代、「若い人にはハングリーさがない」ということを言われます。
確かに、アジアに行くと、若い人たちは、稼ぎ、車を、家を、出世を勝ち取る
というエネルギーに溢れていて、日本には、そうしたハングリーさは感じません。

でも、これって、見え方を変えると・・・というのが藤沢さんのプレゼン。

9分間のプレゼン(日本語訳つき)を見るか、
http://www.youtube.com/watch?v=Xmq2xpA-Uy8


お忙しい方には、エッセンスを。

彼女曰く「若者は、何時の時代も、社会が飢えているものに対して敏感にハングリー
になっているんだ」ということ。

戦後の高度成長期には、電気製品も、仕事も、いい生活も、社会に欠乏していて、
社会が飢えていたから、若者はそうしたものに対してハングリーになる。

今のアジアもそう。

しかし、今の日本社会は、そうしたものには「飢え」ていない。

今、日本社会は、
「先進国となったあとの社会の歪みであったり社会の課題を解決すること」に
「飢え」ている。

だから、若者は敏感にその「飢餓感」を感じて社会貢献やNPOにかかわろうとする。

なるほどなあ。その通りだ。

「社会の飢え」x「若者の飢え」が今、NPOや社会的起業に繋がってきている。

社会セクターに入るひとって、上の世代やいろんな人から、「なんで、そんな
ことを!?」みたいに言われたりする。

でも、それは、その人が、「社会の飢餓感」と「自分のハングリーさ」に素直な
だけなんだと思う。

高度成長期にモーレツ社員で働く人と今の時代にNPOなどにチャレンジする人と。
実は同じ、「社会を感じる感性があり、自分の本能に、ただ、素直な人たち」

若者はハングリーなんだ。十分。

では、ファンドレイジングは、何か。

考えてみてください。

「社会の飢え」x「若者の飢え」はいいんです。
でも、
「社会の飢え」x「若者の飢え」x「本当に食えない(飢え)!!」となってしまうと
みんな飢え死にしてしまいます。

この「飢え」x2を 「飢え」x3にしないこと。つまり、このセクターにおカネが
流れて、自分の飢えに素直にチャレンジした人たちが、本当に食えなくなって
しまわないように、おカネの流れを創るところが、ファンドレイジングの
チャレンジなんだと思います。

だから、時代が、社会が今、本能としてファンドレイジングを求めている。

いやあ、すっきりする整理です。藤沢さんに感謝。


==========■ Coffee Break ■==============

心に通じる道は、胃を通る

By 開高健

==================================

☆★☆ 2 ファンドレイジング大賞、チャレンジしません? ☆★☆

2013年度のファンドレイジング大賞、候補団体を募集中です。
10月31日が締め切りになります。他薦も可。どしどしご応募ください!

今年から、選考方法が、候補団体を選考委員会でいくつかの団体にしぼりこんだ
うえで、全認定・准認定ファンドレイザー資格者(約330人)の投票で決定する
方式に進化しました。

受賞団体は、ファンドレイジング日本2014(2月1、2日)で表彰させていただきます。
  ⇒詳細は、こちら http://jfra.jp/frj/2014/award.html

ファンドレイジング日本も、前年比150%のペースでお申込みをいただいています。
みなさんも、早割締切前に是非お忘れなく! 
  ⇒http://jfra.jp/frj/index.html


☆★☆ 3 東京にいるあなたに贈るファンドレイジング ☆★☆

●待ちに待った!ついに登壇実現!楽天大学仲山学長が研究会に!
(ファンドレイジング協会会員対象)

 いやあ、マジでうれしい。一度、どうしてもファンドレイザーやNPO
向けに話してほしいとずっと思っていた、「プロジェクトコマース」の
伝道師、仲山さん。ついに、ファンドレイジング研究会、登場です。
(ファシリテーターは河内山さん)

詳細、申込みは⇒http://jfra.jp/2013/10/09/frk_41/

アメリカで急成長中のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」などにおいて、
「プロジェクト型商品」を売る、新しいEコマースのスタイルが生まれてきています。
お客さまが「プロジェクトの仲間」になって「支援買い」してくれる関係をつくり出し、
寄付と並ぶ新たな収益の柱をつくるための考え方を、楽天内外の事例をもとにお伝えしま
す。楽天で仲山さんが進めている「プロジェクトコマース」ものすごい学びがあります。
私も参加します。どこにでもある街の金物屋さんや、田舎の木工所が急に全国から注文
殺到する仕掛けには、小規模NPOにも学びがあります。
━・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
日時:2013年11月12日(火)18時30分〜20時30分(開場:18時)
場所:日本財団ビル 2階 第1-2会議室
〒107-8404 東京都港区赤坂1丁目2番2号日本財団ビル
参加費:3000円(当日支払)

Ustream配信もあります。地方からでも必見です。
申込みは⇒http://jfra.jp/2013/10/09/frk_41/

━・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


●好評につき第2弾セミナー開催決定!!(10/29,11/13,開催両日同内容)

公益法人の会員・支援者管理 Salesforce(セールスフォース)紹介セミナー
…………………………………………………………………
主 催:特定非営利活動法人NPOサポートセンター
協 力:セールスフォースドットコム・ファンデーション
    株式会社ファンドレックス

公益法人の方向けの特設セミナーが開催されます!、

Salesforce(セールスフォース)は、自治体や公共機関、トヨタや日本郵政グループと
いった民間企業、公益法人や学校法人など、規模、業種、業態に依らず採用されている
自由度と信頼性を兼ね備えたシステムであり、日本国内で10万社以上で採用実績が
あります。
⇒概要、申込みは、
http://www.npo-sc.org/content/modules/news/index.php?page=article&storyid=146

▼セミナー概要………………………………………………………
■日 時:(第1回は終了しました。第2回、第3回は同一内容のため、
      ご都合のよろしい回にご参加ください。)
  第2回>2013年10月29日(火)16時00分〜17時30分 (受付15時00分より)
  第3回>2013年11月13日(水)10時〜11時30分(受付9時30分より)

■会 場:NPOサポートセンター 市ヶ谷研修所
■参加費:無料
■定 員:20人
■対 象:・公益法人、一般法人、特例民法法人非営利組織(社団・財団・社会福祉法人
      等)のスタッフ・関係者(理事、プロボノ、ボランティア等)     
■内 容:Salesforce(セールスフォース)[非営利団体向けパッケージ:日本語] についての紹介
     デモ画面を見ながら、データベースの有効活用についてお伝えします。

 直接申込みは⇒https://ssl.form-mailer.jp/fms/7407d0f9256672

公益法人、NPOだと、Salesforce,無料で導入できたりするんですよね〜


☆★☆ 4 神奈川にいるあなたに寄り添うファンドレイジング ☆★☆

神奈川県の民間非営利組織限定で、4回の研修と個別相談で着実に団体の課題を
解決し、発信力やファンドレイジング力も高まるプログラムを神奈川県と
(株)ファンドレックスの連携でスタートします。
NPO等支援の経験豊富なコンサルタントから、
無料で研修x個別支援を受けれる絶好の機会です。

研修の中では、全国各地で高い評価を受けている、
コンパクトダイアローグx共感CM作成のセット研修も行い、確実に団体の
コアになるメッセージ力が高まる内容になっています。(平日、週末対応可)
私も登壇します!

今年の1月に別の県でこのセット研修をやったときには、正直、日本のNPO等向け
発信力強化研修が明確に一段階ステージをあがったと感じました。
10団体限定です。ご希望団体は11月1日(金)までに申し込んでください。
現在、参加団体を募集中です。
あなたの団体の本当に大切なメッセージ、見つけてください。
詳細、申込みは⇒ http://fundrex.co.jp/kanagawa2013/



☆★☆ 5 北海道にいるあなたに届けるファンドレイジング ☆★☆

NPO・非営利団体向け会員・支援者管理 Salesforce(セールスフォース)紹介セミナー

「NPO向け支援者管理データーベース」「Salesforce」にご興味をお持ちのNPO・
非営利団体を対象に、北海道地区で初めてセミナーを開催いたします。

開催日時:11/5(火)14:00〜

http://www.npo-sc.org/content/modules/news/index.php?page=article&storyid=149

北海道で初開催。是非お越しください!!  



☆★☆ 6 関西にいるあなたに体感していただく、熱い授業  ☆★☆

ご案内をいただきました。ご紹介します。
**********************************************************
集え!熱き志士たちよ ─今、ここから新しい時代が始まる─
【同志社大学×ユナイテッドアース】
ソーシャルアントレプレナー実践学 2013年秋 開講!!
**********************************************************

かつて、国のため、100年後の未来のために、命を懸けて志に生きた人たちがいた。
そして、2013年の今、国難を共に乗り越え、新たな時代を拓く「志士たち」が京都
「同志社」に一堂に会し、社会を変えてゆく─。

このようなビジョンの元、来月2013年11月から、「同志社大学×ユナイテッドアース」
のコラボ企画として、社会変革の主体となる人物を育成する
「ソーシャルアントレプレナー実践学」を同志社大学今出川キャンパスにて開講する
ことになりました。

講師は、26年前、志を立て起業し、その後事業と社会貢献活動の両輪で実践を継続して
きた渕上智信(株式会社ガイアシステム会長、社会貢献共同体ユナイテッドアース代表
世話人)です。
ソーシャルビジネスの要諦を体験学的に学びつつ、
正しい「考え方」と「実践力(経営力)」の両面を育む全く新しいプログラムを
実施します。
渕上の人生哲学をもとに、共に未来の日本を創らん!と立ち上がる志士たちに向けて、
今、本当に必要な学びとは何か ― 魂を込めてお伝えします。

▼渕上智信のプロフィールはコチラ↓
http://www.gaiasystem.co.jp/company/message.html

さらに、今回は、社会人対象コース全4回、学生対象コース全6回の2コースを開講します。
そして、より良い社会の実現を願う利他心のもと、同志社大学のご厚志により、
「受講料無料」で開講致します。

現在放映中の大河ドラマ「八重の桜」でも、、国家の行く末を掛けた激動の時代の中、
「良心教育」を通して「新しい社会創造」を目指し「同志社の地」に有志が集いました。
だからこそ、本気で社会を変えんとする人物に、一人でも多く集まってほしい、と願っています。

このような理念のもと、受講に際しては、
経験や実績ではなく、受講希望の方々の本気の想い、志をエントリーシートにご記入頂きます。
※定員を超えるご応募を頂いた場合、エントリーシートをもとに選考させて頂きます。


同志社大学「ソーシャルアントレプレナー実践学」受講者募集開始のご案内
※詳しくは下記サイトをご覧ください。
http://united-earth.jp/info/doshisha/




ふう・・・しばらく間があいたので、「ハングリー」に長めのメルマガにして
みました(笑)

===========■ 発行者 ■================
発行・運営者 鵜尾雅隆


==================================
<メルマガの登録解除>
http://www.fundrex.co.jp/info/magazine.html
(あるいは、info@fundrex.co.jpまでメールしてください)

ファンドレイジング・日本2014(FRJ2014)、いよいよ本日よりお申込み開始です!

◆今すぐお申込みはこちらから◆
→ http://k.d.combzmail.jp/t/8opp/c0oxpcw0nl229by26ykZx
◆お得な早割りは、2013年11月18日まで!◆

5回目を迎える今回は、過去最大セッション数、60セッションをご用意!
世界最大の携帯寄付の仕組みをつくったMobile Giving Foundationの創設者兼CEOのジム・マニス氏や
世界NO.1のNPOマネジメントコンサルタントとして名高いバーナード・ロス氏の初来日など、
海外からの講師もお招きします。

定員に達した場合はお申込みを締め切りますので、お早めにお申し込み下さい!

◆今すぐお申込みはこちらから◆
→ http://k.d.combzmail.jp/t/8opp/c0oxqcw0nl229by26yHR6

ファンドレイジング日本の全体をみたい!! 
 ⇒ こちらへ http://jfra.jp/frj
*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*・°☆:*:・°★:*

全セッション一挙公開!
http://jfra.jp/frj/2014/session

*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*・°☆:*:・°★:*


概要です
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
ファンドレイジング・日本2014(FRJ2014)
あなたとともに、次のステージへ。
2014年2月1日(土)、2月2日(日)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
プレイベント
2014年1月31日(金)
★准認定ファンドレイザー必修研修
★ファーストカマー交流会
詳細はこちらから。
http://k.d.combzmail.jp/t/8opp/c0oxtcw0nl229by26ySkr
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

NPOのファンドレイジングの全てについて学べる、
アジア最大のファンドレイジングイベント。

5回目を迎える今回は、約60セッションをご用意。
ファンドレイジング(NPO、公益法人、大学などの資金調達)の基本から
広報、マーケティング、ソーシャルビジネス、ソーシャルファイナンス、地域での成功事例など様々です。
また、本大会では参加者同士が交流できる企画もあり、
ここでしか得られない出会いも多く生まれているのも特徴です。
ワクワクするような成功事例や新しい気づきが満載です。
NPO、公益法人など関係者だけでなく、企業、助成財団、行政、ソーシャルビジネスに携わる方、
これから何かしたい!と考えている方などどなたでも最高の学びや気づきがあります。
是非、あなたのご参加をお待ちしております。

◆今すぐお申込みはこちらから◆
→ http://k.d.combzmail.jp/t/8opp/c0oxucw0nl229by26yr8a


*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*・°☆:*:・°★:*

【ファンドレイジング・日本2014】
2014年2月1日(土)開場 8:30、セッション 9:30-18:40、懇親会 19:00-21:00
2月2日(日)開場 9:00、セッション 9:30-16:00
【プレイベント】
2014年1月31日(金)
・准認定ファンドレイザー必修研修
受付 9:30、研修 10:00-17:00
※必修研修の会場は、連合会館(JR御茶ノ水駅から徒歩5分)になります。
・ファーストカマー交流会
18:00-19:00

【会場】
国際ファッションセンター(KFC Hall)
〒130-0015 東京都墨田区横綱一丁目6番1号

【参加費】
ファンドレイジング・日本2014(FRJ2014)
会員 : 17,000円 早割特価 : 12,000円
一般 : 25,000円 早割特価 : 20,000円
早割お申込・お支払い締切 11月18日(月)
懇親会(2月1日): 5,000円

【プレイベント】
准認定ファンドレイザー必修研修
会員 : 10,000円
一般 : 15,000円
ファーストカマー交流会・懇親会
交流会: 無料
懇親会: 5,000円程度

※会員申込:参加申込と同時に日本ファンドレイジング協会会員申込をされた方は、会員価格となります。
※早割特価:2013年11月18日までにお申込・お支払い完了分が対象となります。
※団体購入割引:10枚以上の購入の場合には早割特価を適用させていただきます。
ただし団体購入割引は代表者がまとめてお振込の場合のみとなります。
※懇親会:定員に達した場合、当日受付はいたしません。

【お申込開始 2013年10月1日(火)】
【早割お申込・お支払い締切 2013年11月18日(月)】
【お申込・お支払い締切 2014年1月10日(金)】


┏…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃  日本ファンドレイジング大賞のエントリー解禁!
┗…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

JFRAは、毎年、人々に感動と笑顔を与えたファンドレイジングを行った団体を顕彰します。
「日本ファンドレイジング大賞」を通じ、寄付の成功事例を明らかにすることで、
日本全国にあたらしい寄付文化を生み出していく一助とします。
この大賞の発表はFRJ2014で行われます。

http://k.d.combzmail.jp/t/8opp/c0oxxcw0nl229by26yxMz

┏…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃  ファンドレイジング・日本2014のボランティアも大募集中!
┗…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

JFRAでは大会の当日、運営をお手伝いいただけるボランティアを募集しています
詳しくはお問い合わせください[FRJ2014ボランティアスタッフ募集!]

http://k.d.combzmail.jp/t/8opp/c0oxycw0nl229by26yzc4

面白いイベントのご案内!

(詳しいご案内は ピースワンコHP http://peace-wanko.jp/54/index.html?qID=15&pg=0

広島県神石高原町で災害救助犬の育成や保護犬活動に取り組むピースワンコ・ジャパン(特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン 災害救助犬訓練センター)は、9月20日からの動物愛護週間を起点に、1000日間で広島県の犬殺処分をゼロにする計画に挑戦します。

 広島県は犬猫殺処分数全国ワースト(2011年度)。私たちはこの現状を変えるため、1000日間で、新犬舎の建設、譲渡活動の強化、飼い主や一般市民への啓発に取り組み、殺処分ゼロを目指します。まず全国ワーストを記録した広島県で計画を達成し、この達成モデルを全国に広げていきたいと考えています。

 そこで、9月26日、JICA地球ひろば(東京都新宿区)にて、計画を宣言するキックオフイベント(入場無料)を開催します。合わせて、動物福祉先進国ドイツから情報発信を行う獣医師アルシャー京子さんをお迎えしての対談、ペットの殺処分をテーマにした映画「ノー・ヴォイス」(古新舜監督)の上映を行い、動物と人がともに幸せに暮らせる社会について、皆様と考えたいと思います。

 ワンコにちなんだチャリティーグッズ、フェアトレードコーヒーもご用意しております。ペットを飼っておられる方、保護犬に興味をお持ちの方、動物愛護活動に取り組んでおられる方など、是非お越しください。

▼申し込みはこちらから
https://krs.bz/pwjpr/m/0926event

≪イベント詳細≫
【日時】 9月26日(木) 19:00〜21:30(受付開始18時50分〜)
        19:00〜 ピースワンコ・プロジェクト紹介、「1000日計画」宣言
        19:15〜 対談(アルシャー京子さん×大西純子)
         20:00〜 映画「ノー・ヴォイス」(ドラマ編90分)上映
         21:30  終了予定
【会場】 JICA地球ひろば(市ヶ谷ビル)2階 国際会議場(東京都新宿区市谷本村町10-5)
  アクセス http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
【定員】 150人(先着順)
【入場料】 無料
【お問い合わせ】 ピースウィンズ ・ジャパン コミュニケーション部 イベント担当までよろしくお願いします。  TEL:03-5213-4072 / FAX:03-3556-5771 / pr@peace-winds.org
 

■アルシャー京子さん プロフィール
1969年、広島県呉市生まれ。ドイツ連邦共和国獣医師。セミナーやインターネットサイトの記事執筆を通して、ドイツの民間動物保護施設「ティアハイム」の実践を日本に伝え、動物福祉先進国ドイツから貴重な情報発信を行っている。


■映画「ノー・ヴォイス」 作品紹介
〜ストーリー〜 金なし。彼女なし。ヤル気なし。生きる目的も、明日への希望もまるでなし。毎日を漠然と、いい加減に生きていた神楽鉄は、ある日ひょんなことから一匹の捨て犬に出会う。その命を売って換金しようとした鉄だったが、あえなく失敗。保健所の前に捨てるのだが、妙なめぐり合わせによって再び出会うことに。捨て犬が結ぶ縁で、アニマルシェルター「ラポール」で働くことになった鉄。責任感のない態度で周囲を呆れさせるが、ある事件をきっかけに命の大切さを思い知り、少しずつ変わり始める…。http://no-voice.com/

今日は、キャンサーネットジャパンさんのイベントで講演してきました。

今日もたくさんの出会いがあって楽しかったです。

今日のテーマは企業のCSV(Creating Shared Value)だったんですが、企業のCSR(Corporate Social Responsibility)とはまた別の概念、有名なハーバード大学のポーター博士が提唱しています。

CSRが企業の社会的責任と訳されるように、確かにどうも「責任」っていわれると気が重いところがあります。

そうした中でCSVは「共益的な価値の創造」を企業がいかにやるかという視点。
ちょっと前向きな感じですね。競争t系であり、経済的である企業の価値観と社会的であるコミュニティの価値観の「共益的」な要素を見出すプロセスです。

このCSV,スゴク分かり易くいうと、次の3つから成っています。

1 社会課題を解決する製品やサービスを生み出すこと

2 バリューチェーンの再構築(リサイクル商品を使う、流通の効率化などによる環境負荷低下やローカル調達の拡大などですね)

3 そして、産官学、もちろんNPOもですが、結びつき、お互いを支援しあうなかで、地域に共生的に発展していくということです。単なる短期的なトレードオフの関係を超えるイメージですね。

丁度、最近読んだ本で、斉藤ウイリアム浩之さんが、「日本には組織(グループ)はあるが、チームがない」と見事に喝破されていました。

多様性のある人たちをチームとしてまとめて、クリエイティブな価値を生み出すことが、どうも苦手で、組織化して、分業化することは得意な日本企業という状況が、成長を阻害してしまっているという視点です。
確かにそうだなと思います。

私もサラリーマン時代、20代のころにNPOでボランティアで経営にかかわって、自分の職場よりはるかに多様で大変なマネジメントを経験しました。その経験は、明らかに職場でのマネジメントに活きたと思います。

CSVの特に第三のポイントは、NPO、大学、行政、企業が、お互いにそれぞれが社会のために行う活動を応援し合う中で、短期的なトレードオフをこえた協働が生まれ、新しい価値が創造されるということです。こうした価値がNPOとの関係でより可視化されるようになると、企業とNPOの連携ももう一段ステージがあがりそうですね。




いやあ、うれしいなあ・・・・
自民党の公約に、休眠預金の活用、載りましたねえ。

休眠預金の活用
預金者等の権利の保護や払い戻し手続きにおける
利便性等に十分に配慮しながら、長期間にわたり
入出金等がない、いわゆる「休眠預金」を、金融機関
から適切な機関に移管し、有効に活用することを
検討します。(J-ファイル2013 総合政策集 291番より引用)

 →http://kyumin.jp/media/index.html#md50

毎年800億円生まれている休眠預金。昨年の7月に民主党政権で活用が閣議決定されていましたが、
自民党政権になって、どうなるかがポイントでした。

この件でご協力いただいた自民党の政治家の皆さんにホントに深謝です。

この休眠預金、誤解されがちなんですけど、10年一切さわらずにいた預金が休眠預金になりますが、
今後も預金者の払い戻しの権利は、未来永劫残りますからね!

それでも返還請求率は3割程度なので、残りは社会のために活用しましょうということです。今は、それらは銀行の利益に計上されることになっています。公明も賛成してくれていますし、民主はもちろん、全銀協も既に反対姿勢ではなくなっておられるので、法案化までもう一歩ですね!2014年、楽しみになってきました。

Change your words, Change your world
(言葉を変えると、世界が変わる)

ある目の見えない老人が、街頭に座り、寄付を求めています。

段ボール紙に「I am Blind, Please Help」(私は目が見えません、助けてください)
と書いて。

しかし、通る人たちは、ほとんど関心をもってくれません。

そこに通りかかった一人の女性が、ふとたちどまって、段ボール紙の
メッセ―ジを書き換えるのです。

そうすると・・・・

次から次へと通る人たちが寄付をはじめます。

何故・・・?

彼女が書いたメッセージとは・・・?

こちらのビデオでごらんください。

http://zanylol.com/blind.html

言葉の持つパワーです。

この数年、大きな成長と変化を遂げてきたファンドレイジング業界。

では、これから起こることってどんなことがあるのでしょうか?

私たちは、次の5つのことがとても重要な「起こる・起こす変化」だと思っています。

第一のポイント 相続での寄付が伸びる

2013年は、なんといっても相続税の増税が重要なテーマになります。
そのことがあるために、2013年に入ってから、やけに「相続特集」の雑誌が多いと思いませんか?
ここで抑えるべき数字は3つ。

年間の相続発生額は40-50兆円ある。
40才以上の人の21%は相続の一部を寄付してもいいとおもっている
しかし、遺言を書く人は日本人の1割にしかすぎない。

つまり、可能性はあるが、そもそも遺言を書かない日本人である限り、相続寄付は起こらない・
ということがあるんです。最近の「相続特集」は「遺言書かないと「争」続になりますよというトーンですので、
これはいい傾向だなと思っています。

第二のポイント 金融機関、士業が重要な役割を果たす

社会貢献したい人が7割にいたる時代になってきましたので、金融機関、弁護士、税理士、会計士、ファイナンシャルプランナーなど、そうした人たちの人生設計や資産管理とつながる人たちの役割がますます重要になってきます。かつては、相続寄付の相談をしたら、顧問弁護士に「やめときなさい」「行政に寄付しなさい」みたいなアドバイスが結構あったりしたということも聞きます。このところ、変えることってとっても効果があります。


第三のポイント クラウドファンディングが更に進化する


オンラインの寄付の仕組み、この2-3年ではっきりと次のステージに日本は進化しました。これってこれからもどんどん面白い仕掛けが生まれそうな予感があります。ファン(楽しい)度レイジング(c東森)ですね!

第四のポイント 富裕層の寄付が進む

社会の空気が社会貢献モードに関心を高めていくと、次に起こる変化は富裕層の寄付の動きです。
米国でも富裕層が寄付するというだけではなく、自らファミリー財団を設立するということがあります。
こうした、富裕層が人生での経験やネットワークを活かした、「自分らしい社会貢献」を企画する時代がそろそろやってきそうです。


第五のポイント NPO・社会起業家の「成長するモデル」が増える


「NPOが成長する?」と疑問に思う人がいるかもしれません。しかし、今、NPOは2極化しつつあります。成長モデルが組めるNPO・公益法人や社会起業家とそうでないNPO等です。既得権益的に行政から資金をもらってこれていたような団体もありますが、そうしたことがどんどん見直される中、「成長モデル」を組める団体に資金も関心も集まる時代がきます。経営の成長は、受益者の増につながり、ミッションの達成につながる。そうしたことが、資金とつながる時代が来ます。

これから、更にいろんなことが進化していきそうです。ホントにやること、やれることがたくさんあるフロンティア、ですね!


これは、今回から、認定・准認定ファンドレイザーのみなさんが実行委員会方式で企画をしていただくようになる、第一号です。第一回ファンドレイジング日本2010でも大人気だった、ACE登板!!!

協会会員対象ですが、この機会になっていただくという方法もあります。
地方から、会員の方は、Ustで参加することもできちゃいます!!

おかげさまで、ファンドレイジング協会の会員も720名を突破し、毎年増え続けています。
会員が深くファンドレイジングを学び、交流する最高の機会です!!



┏━・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
┃会員限定 第35回ファンドレイジング研究会
┃「企業から寄付されるNPOになるには」
┗━・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
(※認定・准認定ファンドレイザー資格制度、2ポイント取得可能!)

児童労働から子どもを守る活動をしているNGO ACE。大手菓子メーカーに選ばれ、
2013年、支援している地域で生産されたカカオを使ったチョコレートが発売。
しかも、その売り上げの一部がACEを通して現地の児童労働をなくす活動に使用
されるという循環型社会貢献システムが出来上がりました。企業に選ばれる
ためにはどういった活動を行ってきたかを取組み事例や解説を交えて直接
代表・事務局長から聞くことのできる貴重な2時間です。

☆★☆当日のお申込みはこちらから☆★☆
https://business.form-mailer.jp/fms/683d0c2a21042

▽▼▽Ustreamの受付はただいま準備中です。もうしばらくお待ちください▽▼▽

講師:
特定非営利活動法人ACE
代表 岩附由香様/事務局長 白木朋子様

コーディネーター・司会:
株式会社シン・ファンドレイジングパートナーズ
代表取締役 河内山 信一様 (准認定ファンドレイザー)

※2013年度より、ファンドレイジング研究会は、認定・准認定ファンドレイザーから
なる「ファンドレイジング研究会企画委員会」によって企画・コーディネイトされて
開催されます。

========================================
日時:2013年4月16日(火)18時30分〜20時30分(開場:18時)
場所:日本財団ビル
〒107-8404 東京都港区赤坂1丁目2番2号日本財団ビル
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
参加費:3000円(当日)/2000円(Ustream視聴)
========================================

---------------------------------------------------------------------------------------
「ファンドレイジング研究会」は、当協会の会員を対象として、NPOの
資金調達改善の事例研究やスキルアップ研修を実施することを目的とするものです。
---------------------------------------------------------------------------------------

※本研究会は、日本ファンドレイジング協会の認定・准認定ファンドレイザー資格のための
認定研修となっています。認定・准認定ファンドレイザーの受験資格取得に
必要なポイントのうち選択研修について、2ポイントを獲得することができますので、
ふるってご参加ください。(※受験には、別途必修研修の受講が必要です)
※研究会は会員限定です。
会員となってお申込を希望の方は下記よりお手続きをお願い致します。
http://jfra.jp/join/
※終了後にファンドレイジング研究会第二部(1時間一本勝負飲み会)を開催します。
ご都合よろしい方は是非ご参加ください。
※ご参加者の皆様のお名前およびご所属を共有させて頂きます。
あらかじめご了承、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

面白い記事を見つけました

(以下引用)

サルも身勝手な振る舞いは嫌い? 南米に生息するフサオマキザルに人の行動を見せると、不親切な態度の人を嫌う傾向を示すことを、藤田和生・京都大教授らが6日、科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。


 自分の利害と直接結びつかない他者の行動に好き嫌いを感じる心の機能が、人以外の動物にもある証拠としている。

 他人の行動を妨害する人を嫌う感情は生後6〜10か月の乳児でも確認され、人が生まれつき持つ能力の一つとされている。藤田教授らは「人と共通の祖先を持つサルにも同様の能力が備わっているのでは」と考えて、実験を行った。容器からおもちゃを出そうとする女性に手伝いを求められた別の女性が、▽求めに応じて手伝う▽顔を背けて拒否する――という2通りの行動をフサオマキザルに見せた後、双方の女性が同時に餌を差し出すと、サルがどちらの餌を取って食べるかを観察した。

 大人のサル7匹に対して計72回ずつ実験したところ、女性たちが協力しあった場合には、2人から餌を取る割合に差はみられなかったが、協力しあわなかった場合、手伝いを拒否した人から餌を取る割合が目立って低かった。

(2013年3月7日09時15分 読売新聞)

猿ですら、第三者同士のやりとりをみて、自らの好き嫌いに影響されるんだなあ。
人間ではなおのことですよね。

利害関係者ではない第三者の利他的行動がどう共感性に影響を与えるのかを考えさせられますね

ファンドレイジング日本・2013の特設イベントページに振り返ってかいたこと、ここでも引用しますね。

http://www.facebook.com/events/443764285672560/?fref=ts

(以下引用)
今、改めて、ここに投稿されている内容やコメント、写真や動画をみていて、本当に多くの方のおかげで素晴らしい大会にしていただけたんだということを実感しています。

思うんです。

こうした大会、
まず、いい講師がいないことには、参加者をワクワクさせることができる人がいないことには、話が始まらない。

そこに、「何か得るぞ!」という気合の入った、そして、本気で楽しんで、誰かに影響を与えることを考えている参加者の方がいないと、場ができていかない。

さらに、ボランティアの皆さんの「来場者や講師に最高の体験をしてもらおう!」というもてなしの熱意がないと、温度が高まらない。

そして、ファンドレイジングの全体像を理解している認定・准認定ファンドレイザーの皆さんや運営側や講師の意図を「仲介」するファシリテーターが、会場の随所にいないと、場の学びの「深まり」が生まれない。

また、企業協賛ブースのみなさんが、「一緒にイベントを創っている」という感覚で参加していただくことで、本当の一体感が生まれる。

全体として、至らぬところ、改善すべきところ、失礼のあったところ、失敗したところもたくさんあります。来年、その全てを確実に改善します。

でも、それでもなお、やはり、このファンドレイジング日本2013にいらした約1000人全ての皆様のおかげで、このすべての要素が相乗効果を生んで、日本の、そしてアジアの歴史に残る、ターニングポイントとなる大会になったと思っております。

最後のファンドレイジング特別賞を受賞した、被災地支援のために、佐賀から岩手まで大きな絵をみんなで完成させ、そのキャンペーンを通じて寄付を募った佐賀県の高校生の言葉。

「この寄付は、僕たちに対してもらったものではない。
『僕たちが変えようとする未来』に投資してもらったものだと思っています」

未来の子どもたちのために。

ファンドレイジングへのチャレンジは、民から民へのお金の流れを生み、それが、今の閉塞感のある日本のブレイクスルーになる。次世代のために、子どもたちが夢を実現できる社会にするために。みなさんとともに、私たちは、前に進みます。

関わってくれた、参加していただいた、全ての方に心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。皆様の人生や活動にとって、この2日間が何かのブレイクスルーを生み出すものでありますように。

全国の仲間とともに、「一歩、前へ。」

来年2014年は2月1-2日。また、お会いするのを楽しみにしています。

日本ファンドレイジング協会代表理事 鵜尾雅隆

FRJ2013

3月9日、ファンドレイジング日本2013の初日が終了しました。
写真はオープニングセッションの風景。参加登録1000名にスケールアップしたファンドレイジング日本の開幕です。

大会初日のスライドショーも作成しましたので、画像でみるFRJ2013一日目、是非ご覧ください。
http://storify.com/meganehara/frj2013/slideshow

9時開場、10時開演なのに、8時半からいらしているかたがいて、開場前には既に大行列でした。

セッション数も座席数も前回から大幅にアップさせたのですが、それでも、あらゆるセッションが満杯状態で、ご協力いただいた講師陣の熱意あるセッションに、盛り上がっていました。

オープニングセッションは画像で配信しています。
http://www.ustream.tv/recorded/29848085
ちょうど、10分くらいから開演しますから、そこから、ご覧ください。

セッション終了後の、講師のみさんに、インタビューをした映像をユーストリームにあげています。スゴイ面白いですよ! http://www.ustream.tv/recorded/29848085

さっき、トップバッターでご登壇いただいた夢を語る伝道師、福島正伸さんのインタビューを見たんですが、
ものすごく深くて、面白いインタビューでした(福島さんは、声のみのご出演です)
http://www.ustream.tv/recorded/29849741  「02」です。

大会の特設Facebookイベントページではいろんな面白いところが紹介されています!
http://www.facebook.com/events/443764285672560/?fref=ts

ちょっとスゴイ1日でした。
懇親会も400名以上が参加して、いろんな人と元気を分け合いました。
いらしていただいている皆様の熱気と想いが相乗効果を生み出す場だなあと改めて感じました。

これから始まる、2日目も楽しみです。

今日の目標は、とにかく、いらした方全員とご挨拶だけでもいいので、一瞬でもお話ししたい!その気持ちで一日頑張ります!

このページのトップヘ